» 沖縄フォトウェディングプランの選び方をシーン別にチェック|沖縄ウェディングオンライン

電話
お問合せ
資料請求

0120-035-150

フリーダイヤル 受付/10:00〜20:00

資料のご送付、お電話の対応は日本国内向けサービスです。

GUIDE沖縄フォトウェディングガイド

沖縄フォトウェディングプランの選び方をシーン別にチェック|沖縄ウェディングオンライン

2017.11.1

沖縄フォトウェディングプランの選び方をシーン別にチェック

沖縄フォトウェディングで最初に考えることは、自分達がどんな写真を撮りたいかということ。せっかく沖縄に行くのだから、ビーチロケーションフォトは外せませんよね。でも、実際にどこでどんな写真が撮りたいかはきまっていない方が多いのではないでしょうか。
そこで今回はシーン別にどんな写真が撮影できるかを写真をチェックしながらプランの選び方を解説していきます。
沖縄の海にて。フォトウェディングプランの選び方をチェック

ビーチで青い海をバックに撮影できるプランがいい

沖縄の青い空と海をバックにビーチフォトウェディングを叶えたい!という場合は、迷わずビーチフォトプランをチェックしましょう。沖縄でフォトウェディングを叶えてくれる写真屋さんによって撮影場所は異なります。

選び方のポイントはカット数と受け取れる写真の枚数、ドレスが含まれた金額になっているかなどです。
写真を撮影して、選んだ分だけの料金が発生するというお店と、プランにあらかじめ枚数が含まれているお店があります。
どちらも平均的には金額は大きく変わりませんが、ある程度絞って決められる方は選んだ分だけという方が安くなる可能性は高いです。
ついついたくさん選んでしまうという方はあらかじめ枚数が決められている方がお得なことも多いのでご注意を。
沖縄のビーチでウェディングドレスを着てロケーションフォト撮影。フォトウェディングプランの選び方をチェック

沖縄ウェディングオンラインでは、沖縄本島、石垣島、宮古島での撮影が可能となっていて、沖縄本島では恩納村の天然ビーチでビーチロケーションフォトの撮影が叶います。
撮影の枚数とデータをお渡しする枚数は決まっていて、フルパックプランを選択すれば、撮影したお写真を全データお渡しすることも可能です。

ドレスを着たまま海に入って撮影できるプランはある?

せっかく沖縄まで来たのだから、海に入ってビーチロケーションフォトをとことん楽しみたい!という場合は、観光客があまり多くない天然ビーチがおすすめ。人が少ないから撮影に集中でき、ふたりで思い切り楽しめます。レンタルドレスでは海に入れない場合が多いですがトラッシュザドレス ウェディングのプランなら、海に入れるレンタルウェディングドレスを着て、水に濡れることを気にせず撮影が楽しめます。
沖縄の海にウェディングドレスを着たまま入って撮影。フォトウェディングプランの選び方をチェック

選び方のポイントというよりも、このプランの場合写真屋さんがドレスを着たまま海に入って撮影することを許可してくれるかどうかによります。
※トラッシュザドレスウェディングとは、ウェディングドレスを二度と着られないようにするために、水や砂、泥や塗料などで汚し、最愛の夫へ深い愛情と誠実な愛を伝える儀式のようなもの。欧米では購入したウェディングドレスを「トラッシュザドレス」で普通では撮れない写真を残すスタイルがトレンドとなっています。

ドレスのまま海へダイブ!海の中で叶うオンリーワンフォト

映画のワンシーンのようなサンセットフォトのプランは?

沖縄のビーチでロケーションフォトを叶える場合、撮影時間は1時間~2時間程度。14時~15時頃に撮影を開始すれば、ラストは真っ赤な夕日をバックにロマンチックな写真が撮影できます。
サンセットの時間に撮影。フォトウェディングプランの選び方をチェック

サンセットを絶対に取り入れたいという場合は、選び方のポイントとしては開始時間やカット数を確認して、プラン内でOKなのか、追加料金が必要なのかを確認しておくことをおすすめします。
15時を過ぎた頃からは、海は青色からキラキラと輝く海に見え方が変わっていくので、碧い海が希望の場合は、できるだけ早い時間がおススメです。キラキラ輝く海が希望の場合は夕方までの時間帯をリクエストしましょう。
沖縄ウェディングオンラインのサンセットプランはすべてオプションになります。ビーチロケーションフォトプランを選んだ上で、サンセットをオプションから追加してください。

宮古島のブルーが朱に染まる神秘の時間。サンセットフォトウェディング

大自然の中でのフォトウェディングが叶うプランを

沖縄は自然の宝庫。定番の沖縄ビーチフォトウェディングでも、浜辺付近の緑を使って撮影が可能ですが、さらに追加で緑に包まれた場所での撮影も叶えたいという方のためにさまざまなスポットを用意しています。沖縄本島の撮影場所としてオススメなのは、沖縄の大自然が広がる穴場スポット“県民の森”です。
その他、ビオスの丘やパイナップルパークなど、さまざまな場所での撮影が叶います。
ネイチャーフォトを取り入れる場合、お仕度場所、ビーチ、ナチュラルフォトで移動時間がかかることも考慮が必要。さらに、ネイチャーフォトとビーチフォトの間で着替えをするかどうかなど、プランにどこまで入っているかしっかり確認しましょう。
沖縄ならネイチャーフォトも素敵に叶います。フォトウェディングプランの選び方をチェック
※写真は石垣島の底地ビーチ付近にある林の中での撮影です

選び方のポイントはおふたりが撮影したいネイチャーフォトがどんなものかを考えて、その場所で撮影ができるお店を探すのが最も手っ取り早いです。
プランとは関係ありませんが、石垣島の底地ビーチは砂浜の脇に林が広がっていて、プラン内でビーチフォトもネイチャーフォトも素敵に叶えることができます。

チャペルでのウェディングフォトも残せるプランがいい

挙式のワンシーンのようなチャペルフォトウェディングは、沖縄ビーチでのロケーションフォトと並んで人気の高いウェディングフォトのひとつ。チャペルの場合はどうしても挙式が優先になってしまうので、撮影日や時間をはじめさまざまな制約がある場合が多い。事前にしっかりと確認しておきましょう。
チャペルで撮影が叶うプランもあり。フォトウェディングプランの選び方をチェック

選び方のポイントは何と言ってもウェディングドレス。動きやすさが求められるビーチに合わせすぎてしまうとチャペルでの撮影が物足りなくなってしまうので注意が必要です。聖堂の天井高やバージンロードの広さ・長さはチャペルによって異なるので、チャペル内で見栄えがするものを選ぶ必要があります。ただ、トレーンが長く、ゴージャスなドレスがチャペルには合うけれど、砂浜では動きにくいということもあるので、1着で両方に対応するのは難しいです。こういう場合は、2着でドレスチェンジをするか、2WAYのドレスを選ぶか・・・といったことも、考えておきましょう。

ビーチで撮影できるプランはこちらをチェック

沖縄ウェディングオンラインでは、沖縄本島、石垣島、宮古島でビーチフォトウェディングが叶えられるプランを用意しています。
それぞれにビーチでの撮影はもちろん、ドレスを着たまま海の中に入るトラッシュザドレス ウェディングのプランもご用意しています。
もちろん、オプションでは夕景の撮影も可能となっています。
どこで撮影するのが良いか、選び方のポイントは特にありません。おふたりの旅行プランや撮影したい写真の好みに合わせてチョイスしましょう。
それでもどこで撮影するのが良いか分からないという方は、下記の記事をチェックしてみてください。

沖縄vs石垣島vs宮古島ビーチフォトウェディングのススメ

それぞれのプランのリンクはこちら

okinawa
沖縄本島のフォトウェディングは恩納村の天然ビーチにて撮影となります。中心部の那覇市からは少し離れていますが、透明で美しい海が広がっています。

沖縄でマタニティフォトウェディング_石垣島のプランバナー
青くて美しい海が広がる石垣島は、ビーチフォトウェディングとネイチャーフォトを同時に叶えたいという方にもおすすめです。

沖縄でマタニティフォトウェディング_宮古島のプランバナー
真っ白な砂浜とグラデーションカラーの青い海が魅力の宮古島は、東洋一美しいといわれる与那覇前浜ビーチでの撮影がおすすめです

この記事をシェア

前のページに戻る

関連する他の記事

%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%88%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%83%e3%83%97%e3%82%b9%e3%81%9d%e3%81%ae2

無料でオシャレ&フォトジニックなフォトを! 沖縄フォトウェディングで使える無料オプションとは

沖縄でビーチウェディング!美しい海を背景に愛を誓い合おう

沖縄でビーチウェディング!美しい海を背景に愛を誓い合おう

%e3%83%87%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%82%bb%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%97%e3%83%a9%e3%83%b3

沖縄フォトウェディングのプラン、基本?データセット?どっちを選ぶべき?

0047

ドレスのまま海へダイブ!海の中で叶うオンリーワンフォト

カテゴリを選ぶカテゴリを選ぶ

アーカイブ