» 石垣島の空と海に祝福されたタバガービーチでのフォトウェディング|沖縄ウェディングオンライン

TEL

0037-6005-5740

フリーダイヤル 受付/10:00〜22:00

GUIDE沖縄フォトウェディングガイド

石垣島の空と海に祝福されたタバガービーチでのフォトウェディング|沖縄ウェディングオンライン

2017.9.1

石垣島の空と海に祝福されたタバガービーチでのフォトウェディング

ドレスを着たまま沖縄のきれいな海に入ってフォトウェディングを叶える「トラッシュ・ザ・ドレス ウェディング」。
もっと素敵に叶えるなら「どんなポーズがいい?」「どこまで水に入ればいい?」と、いろいろな疑問が出てきますよね。
そこで今回は、夏の石垣島でフォトウェディングを叶えたカップルさんの撮影カットを紹介いたします。
澄み渡った海とサンゴ礁が広がる石垣島のタバガービーチでのフォトウェディング

夏の石垣島は驚くほどの絶景が目の前に!

まずは知ってほしいのが石垣島のキレイな海。
せっかく沖縄に行くなら石垣島でフォトウェディングをしたい・・・というカップルさんが多いのも、この写真を見れば頷けますね。
水は澄んでいて透明度抜群。すぐ近くにある珊瑚がはっきりと見えるのが分かります。
波もほとんどなく、穏やかな夏の日のフォトウェディングです。

石垣島の天然ビーチ、タバガービーチは人が少なくフォトウェディングも快適
浜辺をお散歩する姿もばっちり。
撮影場所のタバガービーチは石垣島にある天然のビーチ。
観光ビーチとは違ってあまり人がいないので、7月下旬の夏真っ盛りでもビーチの写真を簡単に残すことができます。
近くに石垣島で最も有名な観光ビーチである底地ビーチがあるので、泳ぐのに設備が整っていないタバガービーチを訪れる人はあまりいません。

タバガービーチのブランコに乗って石垣島の海を眺めながらフォトウェディング
浜辺には誰が設置したのか、木の枝を使ったブランコが設置されています。
正面から撮ればネイチャーフォトに、背後から撮ればビーチをバックにした写真になります。

石垣島の海を見ながら波の音に耳を傾けていると、時間が経つのを忘れてしまいそう。
もしかすると世界一贅沢なブランコかもしれません。
童心に返って楽しみながらフォトウェディングの撮影を進めていきましょう。

ビーチフォトウェディングとトラッシュ・ザ・フォトウェディングの違い

ビーチで撮るのと海に入って撮るのとで何が違うの?
と思う方も少なくはないはず。
もちろんいろいろあるんですけど、一番違うところは砂浜が入らない写真。

石垣島の海をバックにタバガービーチでフォトウェディング
当たり前なんですけど、ビーチでフォトウェディングを撮影すると、必ず砂浜が入ります。
砂浜をいかに上手く活用するかによって、ビーチフォトウェディングの見え方が変わってくるといっても良いでしょう。
例えば下を足元ギリギリにして、空をいっぱいに入れる写真もあれば、砂浜を多めにして雰囲気を出すという方法もあります。

石垣島の空と海だけをトリミングしたタバガービーチでのフォトウェディング
ビーチフォトウェディングから砂浜を外そうと思ったら、波打ち際ギリギリに立って、足元を少しトリミングして見せる方法が一般的です。
もちろん、これはこれでとても素敵な写真ですよね。
どこまでも青く広がる空と夏らしい雲、風に揺れて静かに水面を湛えるようすがなんとも爽やか。
実際には夏本番なのでかなり暑いのですが、見た目はすごく涼しげです。

石垣島にあるタバガービーチでドレス姿で海に入って、トラッシュ・ザ・ドレスのフォトウェディング
では、こちらはどうでしょう。
完全にドレスを着たまま水の中に入ったバージョンです。
手前にも水があるので、ふたりの姿が水面に映っていますね。
膝ぐらいまで水に浸かると、海の色も青っぽくなってくるので、空間全体が青っぽい美しい仕上がりのウェディングフォトになります。

実は海に入ったからといって特別なポーズはない?

海に入ると入らないとで、フォトウェディングのポーズが大きく変わるということはありません。
もちろん、水を使った写真になるので、水面を蹴り上げたり、水をかけあったりというのはあります。
逆に、あまり遠くまで行けないので、遠近法を使ったトリックフォトなどは砂浜の方がおすすめです。

タバガービーチの波打ち際でふたりではしゃいでいる姿も素敵な絵になる
波打ち際ではしゃぐふたり。
波を蹴ったり水をかけあったりといったシーンは、トラッシュ・ザ・ドレス ウェディングでは定番のカット。
どんなにカメラが苦手なふたりでも、水に入って楽しく遊んで入れば自然な表情になりますよ。

石垣島、タバガービーチの穏やかな渚で波音を聞きながら過ごす贅沢なフォトウェディング
波打ち際に座って撮影するポーズも人気。
この日は波が穏やかだったので、ゆったりした雰囲気になります。
ちなみに波のある日は動きのある結婚写真が残せ、これはこれでおすすめ。
同じ日に両方を叶えることは難しいので、どちらになるかは天候次第です。

タバガービーチでの座りのカットもトラッシュ・ザ・ドレスのフォトウェディングならまったく違った雰囲気に
今度はもう少し深いところで座ってみましょう。
波が穏やかで水が澄んでいると、水に浸かっている足元までバッチリ写っていますよね。
水の中に入っているだけでなんだかロマンチックです。

タバガービーチでゆったりと波に揺られて、オフショットの表情がとっても柔らかな笑顔に
撮影中のオフショットもとっても絵になります。
目線を合わせて自然な笑顔を浮かべるふたり。
周囲にあるのはどこまでも広がる空と海。
トラッシュ・ザ・ドレス ウェディングは、沖縄の海の魅力を最大限に生かせる素的なウェディングフォトを叶えてくれますよ。

まとめ

絶景が広がる石垣島のタバガービーチで水の中に入ってフォトウェディング
いかがでしたか?
澄んだ水と遠浅な海、白い砂浜。
石垣島は沖縄本島に比べてもより海が青くなる条件が整っている上、場所もより南にあるため晴れた穏やかな日に撮影できる確率もちょっとだけ高め。
加えて沖縄の離島で人気No.1の石垣島で、ぜひトラッシュ・ザ・ドレス ウェディングのフォトウェディングを叶えてみてください。

この記事をシェア

前のページに戻る

関連する他の記事

注目度アップ!石垣島のフォトウェディングの魅力

注目度アップ!石垣島のフォトウェディングの魅力

207_2

石垣島、底地ビーチでのフォトウェディング体験談&口コミ

%e7%b7%91-1

石垣島のフォトウェディングにおすすめ!底地(すくじ)ビーチの魅力

064

石垣島の景勝地「川平湾」でのフォトウェディングをチェック!

カテゴリを選ぶカテゴリを選ぶ

アーカイブ