» シーズン&行き方でこんなに違う!?失敗しないおすすめ沖縄フォトウェディング|沖縄ウェディングオンライン

TEL

0037-6005-5740

フリーダイヤル 受付/10:00〜22:00

GUIDE沖縄フォトウェディングガイド

シーズン&行き方でこんなに違う!?失敗しないおすすめ沖縄フォトウェディング|沖縄ウェディングオンライン

2016.12.7

シーズン&行き方でこんなに違う!?失敗しないおすすめ沖縄フォトウェディング

沖縄フォトウェディングの金額とベストシーズンのヘッダー

沖縄の青い空と青い海。お気に入りのウェディングドレスを身にまとっての沖縄で前撮りやフォトウェディングを・・・。想像した時に思い描くのはいつも爽やかに晴れ渡る青空と海のイメージですよね。となると、気になるのはやっぱり「天気」と「費用」のことではないでしょうか。いつ行けば、沖縄の大自然の中で結婚式写真を素敵な青空の下で撮影できるのでしょうか。 そして、季節によって変動する旅行の費用を少しでも抑えるにはどうすればよいのでしょうか。今回は、沖縄のロケーションフォトウェディングの中でも人気の高いビーチ撮影をできるだけ安く撮影できる方法をご紹介します。
沖縄で前撮り&フォトウェディングを撮影するふたり

沖縄ロケーションフォト撮影のベストシーズンは?

沖縄に行くにあたってまず気にしておきたいのは天候のこと。梅雨が明ける6月中旬以降から11月ぐらいまでは晴れの日が多く、台風の日以外は海も穏やかです。7月中旬~8月はかなりの暑さになることが多く、ビーチの砂の温度や海からの照り返しによって体力も奪われがちなので、暑さ対策をしっかりとしておくことをおすすめします。
上記を加味すると、沖縄のベストシーズンは、3月~4月・6月中旬~7月中旬・9月~11月頃です。ゴールデンウィークや夏休みなど、観光客が多い大型連休や台風が多い時期を避け、海にも入りやすい時期がベストです。
沖縄の前撮り&フォトウェディングイメージフォト

ベストではないシーズンには訪れない方が良い?

それ以外の時期については、5~6月は梅雨時期で、雨が多くなります。7月中旬~8月は台風シーズンであることと、気温がかなり暑くなることから、マリンスポーツを楽しむのにはベストなのですが、ビーチで撮影をするフォトウェディングについてはかなり過酷なシーズンになります。12月~2月は冬になりますので、日によっては気温が下がり、かなり寒い日もあります。

夏の暑さは毎日のことですが、梅雨や冬については晴れる日がないわけではなく、晴れてさえいればベストシーズンにも引けをとらないフォトウェディング日和となります。
反対に、ベストシーズンでも雨が降らない訳ではないので、こればっかりは当日を迎えてみないと分かりません。ベストではないシーズンにも良い面はたくさんありますので、あまりこだわり過ぎずに予定や希望、予算などの折り合いをつけて沖縄フォトウェディングの予定を立てると良いでしょう。
梅雨時の沖縄前撮り&フォトウェディングは天気が崩れることが多い

梅雨(5月~6月)

5月の中旬から6月の下旬が沖縄の例年の梅雨期間です。天候が悪いことが多く、数年の平均では、5月10日頃より降水量は増え、日照時間は減る傾向にあります。沖縄の雨はスコールのようにザッと降ってすぐにまた晴れるという天気が多いですが、梅雨の時期は長く降り続ける日も少なくないので、どうしてもフォトウェディングを晴れの日に叶えたいと思う方はできれば避けた方が良い時期でもあります。
6月の中旬頃から降水量は減り、日照時間が増える傾向にあります。梅雨明けも同じぐらいのタイミングなので、ジューンブライドをビーチフォトウェディングでかなえたいなら、海も満喫できる6月の後半がオススメです。
沖縄での前撮りやフォトウェディングで心配なのはやっぱり天気

閑散期(1月~2月)

11月を過ぎると少しずつ寒くなり、沖縄を訪れる人も減ってきます。
沖縄では真冬でも海に入ることができ、晴れた日は、観光客の中には海で泳いでいる人もいます。ただ、天候や時間帯によっては長袖やセーターがあった方が良いくらいの気温になるということも覚えておきましょう。
沖縄は真冬でも向日葵が咲くような気候ですので、急激に気温が下がったり風が強かったりしなければ海に入ることはできます。

冬場だからといって悪いことばかりではありません。台風が来ない、ビーチに人が少ない、暑さで体調が悪くなることがないなど、ビーチで結婚写真を撮影したいというふたりにとっては、実は好条件がそろうシーズンでもあります。
そして、天候の統計を見ると夏場のように晴れている日が多いわけではないのですが、降水量は11月~2月までは夏場に比べて半分程度まで下がるので、雨があまり降らないというところも大きなポイントになるでしょう。

沖縄の前撮り&フォトウェディングシーズン別早見表

沖縄の年間気温&降水量のグラフ

 繁忙期(ゴールデンウィーク、夏休み、お盆、年末年始)

天気を見ると、ゴールデンウィークは梅雨入り前ぐらい。雨の確率は比較的高めです。
それ以外の年末年始、お盆を含む夏休み期間などは、比較的天気は悪くないと言えるでしょう。

沖縄を訪れる人が増えるシーズンでもあり、年末年始以外はビーチで泳いでいる人も増えてきます。ビーチでフォトウェディングをするにはある程度人が写りこまない場所を探しますので、遊泳用に整備された観光ビーチなどは、この時期には選ばない方が無難とも言えます。

台風(8月~9月)

気象庁の統計では、台風が那覇市の半径300Km以内に接近する回数は、5月0.2回、6月0.4回、7月0.5回、8月0.9回、9月1.0回、10月0.5回、11月0.2回ですから、8月・9月は1ヵ月のうち2・3日は台風に遭遇する確率ということです。
それでも不安な方は、沖縄ウェディングオンラインの窓口までお電話ください。エメラルドオーシャンウェディングのプランのご提案だけでなく、沖縄の旅行についてもアドバイスささせていただきます。

海で泳ぐには?(3月~11月)

沖縄の海水浴期間は、早いビーチで3月下旬から海開きが始まり、だいたい10月末には海水浴場は閉鎖となります。
ただ、真冬でも気温が20℃を超えることもあるので、晴れていれば海に入ることは可能ですので、ドレスを着たまま海に入れるプランでフォトウェディングや前撮りを撮影することももちろん可能です。
沖縄の海に入って前撮り&フォトウェディングを撮影

沖縄フォトウェディングの料金をできるだけ安くするポイントは?

まずは料金についてですが、エメラルドオーシャンウェディングのフォトプランの料金は、季節による料金の変動がありません。ただし、土日・祝日の料金は少し割高になるので、前撮りやフォトウェディングの撮影費を抑えたい場合、平日でのお申し込みがおすすめです。
沖縄での前撮り&フォトウェディングイメージ写真

宿泊費を抑えることは可能?

前にも書きましたが、繁忙期に宿泊費を抑えるのはかなり難しいです。どの宿泊施設も空き部屋が少なくなり、お手ごろなところから埋まっていってしまうことが多いので、検討期間が短くなればなるほど高価な部屋しか残っていないということも起こってきます。

反対に、ベストではないシーズンは宿泊施設にも比較的空き部屋があるので、ある程度予算と相談しながら部屋を決めることが可能です。

それ以上に料金を抑えたいという方は、クーポンを利用してみるのもひとつの方法です。クーポンを利用することによって宿泊施設が空いている部屋を安価に提供してくれるというものなので、場合によっては何万円もする部屋が数千円で利用できることもあります。「沖縄 宿泊 格安 クーポン」などで検索してみましょう。
※クーポンによって連泊ができなかったり、一部のサービスが利用できなかったり、さまざまな制約があることがありますので、詳しくは発行元・もしくは宿泊施設にお問い合わせください
沖縄のホテルでクーポンを使ってフォトウェディングの費用を抑えよう

渡航費について調査してみました

シーズンによって金額が大きく変わる飛行機のチケットをはじめ、旅費を抑えることが大きなポイント。
沖縄を訪れる方法は、飛行機、ツアー、船の3種類がほとんどです(厳密にはツアーも飛行機を使いますが、チケットの取り方から料金、内容まで大きく異なるのでここでは分けています)。

格安でビーチウェディングフォトをかなえるためには、シーズンによって金額が大きく変わる飛行機のチケットをはじめ、旅費を抑えることが大きなポイントとなってきます。例えば、繁忙期と言われるゴールデンウィーク、夏休み期間、お盆、年末年始など、大きな連休があると航空運賃は高くなります。訪れるシーズンや航空会社によっても料金は違うので、しっかりとチェックしましょう。
また前撮りやフォトウェディングだけでなく、沖縄の旅行自体をもっと楽しみたいという方にはツアーもオススメです。やりたいことが詰まったプランなら、個々で費用を払うより料金も断然お得です!
ツアーとは少し異なりますが、沖縄の観光地を回りながらドレスや私服で写真を撮影してもらえるプランを用意しているので、興味のある方は一度チェックしてみてください。
沖縄の観光地、万座毛で前撮り&フォトウェディング

①飛行機で行く

沖縄への直行便は日本各地の空港から直行便が出ています。
スカイマーク、ジェットスター、バニラエア、ピーチなどは格安航空会社(LCC)なので、時期によってはびっくりするような運賃になっていることもあります。しっかりと調べてみましょう。
■那覇への直行便がある空港の情報(2017年7月現在)
千歳 全日空(ANA)
仙台 全日空(ANA)
羽田 全日空(ANA)、日本航空(JAL)、スカイマーク(SKY)
成田 全日空(ANA)、ジェットスター(JST)、バニラエア(VNL)
中部 スカイマーク(SKY)
関西 全日空(ANA)、日本航空(JAL)、ジェットスター(JST)、ピーチ(APJ)
伊丹 全日空(ANA)、日本航空(JAL)
神戸 全日空(ANA)、スカイマーク(SKY)
岡山 日本トランスオーシャン航空(JTA)
広島 全日空(ANA)
高松 全日空(ANA)
福岡 ピーチ(APJ)
熊本 天草エアライン(AMX)、日本航空(JAL)
宮崎 全日空(ANA)、ソラシドエア(SNJ) 
鹿児島 全日空(ANA)、ソラシドエア(SNJ)
※運航状況は定期的に変更になるため、詳細は最寄の空港の情報をご確認ください
沖縄への前撮り&フォトウェディング。移動手段は飛行機がおすすめ

②ツアーに参加する

ツアーはさまざまな旅行会社が特色のあるプランを出しているので、沖縄ウェディングだけでなくハネムーンも一緒に楽しみたい・・・というふたりにもピッタリです。
オススメは「沖縄ツーリスト」。沖縄最大の旅行会社で、レンタカー会社を保有していたり、食事券をプレゼントしてもらえたりと、特色のある特典が付いていることも少なくありません。
シーズンに合わせてプランの増減があったり、内容によっては自由に時間をとりにくかったりする可能性もあるので、旅行代理店の肩に事情を説明した上で相談にのってもらい、ふたりの予定に合ったプランをチョイスするのが良いでしょう。
沖縄の前撮り&フォトウェディングを私服で撮影

③船で行く

那覇に行くフェリーも就航していますが、東京と那覇を結ぶ日本最長のフェリーは片道で50時間もかかります。
しかも、飛行機に比べても料金は決して安くありません。
ただし、繁忙期と呼ばれるシーズンにはかなり混みあうこともあるようなので、注意が必要です。
飛行機が苦手だけど、どうしても沖縄に行きたい・・・という人や、車やバイクを乗せて沖縄に行かなければならない事情がある場合などを除くと、基本的には飛行機での移動がおすすめです。
沖縄への前撮り&フォトウェディングを船で?

石垣島、宮古島に行く場合はどうすれば良い?

沖縄で人気が高いのが石垣島、宮古島です。現在各県からの直行便は出ていないようなので、那覇空港から飛行機を使っての移動がキホンになります。
沖縄本島でももちろん素敵な海と空が広がっていて、最高の写真を残すことが可能ですが、石垣島、宮古島まで足を延ばすと、本島とはまた違った雰囲気を体感することができます。
宮古島での前撮り&フォトウェディングは最高に素敵

石垣島・宮古島での前撮りやフォトウェディングを叶えたいなら、下記からプランもチェックしてみてください。

■トラッシュザドレスの詳しい記事はこちら

ドレスのまま海へダイブ!海の中で叶うオンリーワンフォト

■天気のことをもっと知りたい方はこちら

沖縄の天気を統計でチェック!晴れの日はもちろん、曇り空も満足度が高い「沖縄フォト」

この記事をシェア

前のページに戻る

関連する他の記事

0144

沖縄の前撮り&フォトウェディングにおすすめ!トリックフォト事例7選

manzabeach

沖縄フォトウェディングを成功させる旅行のおすすめスケジュール

F09

沖縄フォトウェディングなら家族みんなでがお楽しみいただけます!

ビーチフォトウェディングには欠かせない!サーフボード&サップを取り入れてワンランク上のショットを叶えよう

ビーチフォトウェディングには欠かせない!サーフボード&サップを取り入れてワンランク上のショットを叶えよう

カテゴリを選ぶカテゴリを選ぶ

アーカイブ